クンダリーニ覚醒ウェブサイト! 知られざる神秘体験を紐解く‥‥あなたに「気づき」と「癒し」と「目覚め」を発信します!
クンダリーニ(クンダリニーとも併記され同じ意味)を、初めて名づけたのはインド、ヒンドゥー教です。

サンスクリット語の名詞で「環」「トグロ」「螺旋」を意味するクンダラの女性形で「トグロを巻いた女」とも言われ、凶暴なシバァ神の妃であるカーリー女神やドゥルガー女神のように喩えられていて、脊椎最下部の第一チャクラ(ムーラーダーラ・チャクラ)のパワーセンターでトグロを3回半巻いて眠っているとされています。

しかし、すでに、古代エジプト文明の時代から秘儀によるイニシエーションによって、意識的に覚醒を促がし、シャーマンの霊的な力を得て、国の命運を占なっていたとも考えられ、蛇神話、女神神話や性器の象徴、生命力の源との関連も指摘されており、その辺からクンダリーニと言う言葉が派生したのでないかとも思われます。

さらに、古代のギリシャ、アメリカ原住民やハワイ、果ては中国にもシャーマン的な同様の神話、秘儀や秘術の中にも存在し、空を飛び回る龍や覚醒の際に発する羽音のような音から、蜂とも関連しているようです。

このように悠久の時代から、クンダリーニに関係する第一チャクラの象徴は、地球上に、あまねく神話や宗教、秘儀、秘術の中へ至る所に存在しています。ハッキリした起源は分かっておりませんが、むしろ、人類の誕生とともに、クンダリーニは存在していたとも言えるものなのです。

日本でもクンダリーニを音写した「軍荼利(ぐんだり)」と言う言葉があり、埼玉県飯能市の軍太利神社や軍荼利明王として、鎌倉時代頃に仏教とともに伝来したものとされています。軍荼利明王は宝生如来が変化したもので、身体に蛇が巻きついた格好をしており、長寿や除霊、病を取り除く力があるとされてきました。

クンダリーニを分かりやすく説明すると、人類の進化の過程で何らかの原因から封じ込められた(旧約聖書の原罪に関係しているとも言われる)尾骨の辺りに眠っている、根源的で潜在的な宇宙エネルギーと言えるかも知れません。

自然科学や現代医学では、くくることのできない目に見えないものであり、存在を証明するのは難しいものです。しかし、それは気(プラーナ)のエネルギー、オーラやサトルボディ(次元のエネルギー体)と同様に、確実に存在し、人によっては実感出来るものなのです。

また、クンダリーニエネルギーは、カルマや原因の世界である6次元のコーザル体に存在するエネルギーとも言われており、東洋医学で言われる生命の根源力、遺伝的に量が限られている気のエッセンスである先天の気(ハワイ原住民はマナとも言う)とも言われています。

そうした潜在エネルギーが、囚われをなくした心や意識の覚醒、瞑想や呼吸法などの身体技法によって潜在意識を高め、活性化されることから扉が開かれ、熱い塊となって脊椎を、蛇が巻きつくように螺旋状に回転し、昇って動き出し、各チャクラを活性化し開放していきます。

チャクラを活性化し、開放することは、カルマの浄化、魂の進化の加速や細胞の活性化、病気の治癒、長寿、スピリチュアリティの目覚め、意識の拡大、ヒーリング能力などの超能力の活性を意味し、果ては神通力や不老不死、解脱に至るともされています。

どちらかと言うと、精神的な神秘体験と言うよりも、肉体的な体験のように実感され、覚醒することにより、数ヶ月から数年に渡って体内を熱いエネルギーの循環や光の放射されるような奇妙な実感や始終、身体中のチャクラから渦を巻いたクンダリーニエネルギーが放射され、立ち昇り、聖音(オーム)と言われる羽音やモーターが回転するような耳鳴りのような音が聞こえることが、体験者から報告されています。(一貫した法則性はないものの、ある程度、近似している体験が多い)

また、人によっては光や霊的な幻覚を見たり、精神的に不安定になる場合もあります。無理をして覚醒したために脳出血や偶然に覚醒し、知らずに神経症や精神分裂病のように感じて、マイナス意識に囚われ、病気と診断されてしまう「クンダリーニ症候群」の症例も、近年多いようです。

ハタ・ヨガでは精神集中と呼吸制御によってプラーナを集中させ、心身のアグニと呼ばれる熱を作り出し、イダとピンガラと呼ばれるナディをバランス良く活性化させ、スシュムナー・ナーディ(東洋医学などの任脈と督脈の経絡に相当するもの)からクンダリニーエネルギーを通す必要があると言われております。

道教や仙道、気功の周天法(内丹術)でも、身体技法や気のコントロールによって、丹田(へそ下3寸辺り)に金丹や聖胎としてイメージしたものを作り、任脈と督脈と言う経絡ライン(人体の正中線を流れる、スシュムナー・ナディに似たもの)を周回させる秘法や修行法が体系化されています。

しかし、インドや中国では、昔から、聖人伝や仙人伝などに名前が連ねるのは、非常に少なく、秘法や修行をしたからと言って覚醒するのは、ごく限られた一握りの人間とも言われ、霊的な成長のタイミングや選ばれた人間にだけ与えられる幸運や奇跡とされても来ました。

また、クンダリーニ覚醒=解脱(輪廻の最終章)との繋がりから、民衆から非常に崇められ、生き神、宗教的な教祖や能力者として持てはやされたケースが多く、時代を動かした偉人など(キリストや仏陀など)も覚醒者であったと言うのが定説とされています。
お問合わせ

ミクシィ【クンダリーニ覚醒】コミュ
参加、ご希望の方はこちら
※ミクシィの会員の方のみの対
象となります

HOME【クンダリーニ覚醒ウェブ・サイト】
クンダリーニ覚醒とは?
クンダリーニ覚醒体験
覚醒ヒーリング
よくある質問
お断わり
著作権【クンダリーニ覚醒ウェブ・サイト】
お断わり
よくある質問
覚醒ヒーリング
私のクンダリーニ覚醒体験
クンダリーニ覚醒とは?
HOME【クンダリーニ覚醒のサイト】
クンダリーニ覚醒とは?
クンダリーニ覚醒後の意識の変化
正しい覚醒を促がす方法とは?
ジャンピング・ファイアー・ブレスとは?